社員SCOPE.02

フィットネス事業部
阪神地区担当マネジャー 兼
コ・ス・パ 塚本 支配人
吉田 安男 2008年 入社

吉田安男の仕事内容

コ・ス・パ 塚本の支配人として、店舗の業績向上のため、人材育成、各セクション(フロント、ジム、スイミング)のマネジメント業務を手掛けている。また、2018年7月からは、阪神地区担当マネジャーに就任し、コ・ス・パ 名谷、コ・ス・パ 西神中央の統括業務も担当。定期的に担当店舗を巡回して、各店舗の支配人との連携を図りながら、地区の業績拡大に責任を負っている。多忙な中でも会員さまとの接点を持ち続けるため、コ・ス・パ 塚本ではスタジオレッスンも担当。マネジメント業務だけでなく、現場感覚を失わないよう、店舗での実務も大切にしている。

入社理由・これまでの仕事

フィットネス業界に興味を持ったきっかけは、学生時代からインストラクターのアルバイトをしていたからです。卒業と同時にそのままフィットネスクラブに就職して、支配人を目指してきました。ずっとお世話になった上司が、同じように支配人をされていて、その姿にあこがれて「いつかは自分も支配人になろう!」と頑張ってきたんです。

実際に支配人となることができたのですが、その時に「やり切った感」がすごく強くなって、また違う仕事にゼロからチャレンジしてみたいと思い、一度は他の業界に転職しました。新しい仕事は新鮮でやりがいもあったのですが、やはり自分にはフィットネスやスポーツを通して、たくさんの人の健康に寄与する仕事が合っているのではないかと思って、もう一度フィットネス業界に戻ることを希望し、オージースポーツに転職しました。

フィットネス業界を離れて気づいたのは、フィットネスやスポーツに関わる仕事には、他にはない大きな魅力があるということです。フィットネスは、単に体を鍛えるためだけのものではありません。例えば機能改善が必要な方に、運動を日々の習慣として取り入れていただければ、もう一度健康で元気な人生を楽しむきっかけにつながります。また、クラブに通っていただく中で、トレーニング仲間ができたり、新しいコミュニティーを通して人との出会いやつながりが生まれることも珍しくありません。静かに老後を過ごすことも1つの選択肢ですが、体をケアしながら人脈を広げたり、新しい発見に出会う喜びを感じられることも、フィットネスクラブを利用していただく価値です。そのお手伝いやきっかけづくりに携われる仕事は、本当に素晴らしいと思います。

仕事のやりがい/エピソード

当社には「オール・オージースポーツ」という考えが深く浸透しています。1人ではなく、全員で1つの目標や目的に向かって努力する姿勢を表した言葉です。この言葉の意味を強く実感したのが、年に1回、全社の各部門を対象に行われる社長表彰で、コ・ス・パ 塚本という店舗が2017年度の営業部門表彰において、第1位をいただいたという経験でした。

店舗の売上に対して責任を負うのは、もちろん支配人である私です。しかし、私1人の力で何とかなるというものでは決してありません。フロント・ジム・スイミングの各セクションが、それぞれに目標を持ち、真剣に達成に向けて取り組むことで、大きな目標を達成することができます。支配人は、その旗振り役にすぎません。大切なのは、あきらめずに常に前を向き続けること。時には思ったように業績が伸びなかったり、メンバーの気持ちが緩んだりすることもあります。どんなことも継続するのは難しいのですが、誰か1人が言い続けていれば、必ず周りが賛同してくれるのが、当社の素晴らしいところ。何度でも言い続け、やり続けることが私の仕事ですね(笑)。

「支配人が言うなら、やってみるか」という気持ちにみんながなってくれます。フロント部門であれば、継続してクラブを利用いただけるよう会員さま目線で体を鍛える目的を一緒に考え、目標達成へのプロセスを提案できます。ジムやスイミング部門も同様です。会員のみなさんに寄り添うことで、クラブ利用の価値を高め、継続利用率をアップさせていけるのです。1人ひとりがそれぞれの役割に責任を持ち大きな目標を達成できたのは、「オール・オージースポーツ」という考えがある当社ならではの体験だったと思います。

今後の目標

仕事に対する熱い思いを持った人材を育てていくことが、これからの私の役割だと思っています。決してコピー人間を作りたいわけではありませんが、私がこれまでに経験してきたことや会員のみなさんに対して持っている思いは、しっかりと伝えていきたいです。

会社が発展して、さらに事業を広げようと思った時、どんなに資金があっても、人がいなければ成長は望めません。お金を出せば人は雇えるかもしれませんが、同じ思いを持った人材を育てることは、会社の中でなければできないと思います。日々、多くの人と関わる私たちの仕事は、システマチックであったり、ドライな気持ちでは務まりません。同じクラブに通う会員の方々であっても、クラブを利用する目的や背景はそれぞれに違います。シェイプアップが目的なのか、機能改善が目的なのか、筋力アップが目的なのか。さらにその中でも、個人的な目的や目標があるはずです。トレーニングは、その目的を達成するためのプロセスにすぎません。だからこそ、ただ単にトレーニングのプログラムを作ったり、機器の使い方を教えるだけが、私たちの仕事ではないのです。熱い思いを持って仕事に取り組む人材を、1人でも多く育てていきたいですね。

キャリアステップ

オージースポーツに入社する前にも、フィットネス業界で10年の経験がありましたが、最初はいちメンバーとしてコ・ス・パ 五位堂に配属されました。そこで支配人の補佐をする立場を経験しながら、新店の立ち上げプロジェクトにも参加した経験があります。その後は支配人になり、コ・ス・パ 京都リサーチパーク、コ・ス・パ 桃山六地蔵の支配人を経て、現在のコ・ス・パ 塚本へ異動し、2018年7月からは阪神地区マネジャーとして、兵庫県にあるコ・ス・パ 名谷、コ・ス・パ 西神中央を合わせた3店舗の統括業務を任せてもらっています。

ある1日の流れ

09:00
店舗立ち上げ準備、営業前施設点検
10:00
営業開始
11:00
各セクションリーダーとの打ち合わせ
12:00
休憩
13:00
担当地区の他店舗へ移動、巡回
14:00
1店舗目の館内チェック、支配人との打ち合わせ
15:30
2店舗目に移動
16:00
館内チェック、支配人との打ち合わせ
17:30
業務終了

プライベート

学生時代の野球部の仲間とは、今でも定期的に会っています。厳しい練習を一緒に経験した仲間の存在は、社会に出て何年経っても良いものです。同じように、私の娘にもスポーツを通していろんなことを学んで成長して欲しいと思い、ソフトボールをさせています。今では中学生の京都府代表に選出してもらえるほどになって、これからの成長がとても楽しみです。今は自分がスポーツをするよりも、家族と一緒に娘の応援をすることがライフワークになっています。